仕事

【コロナ不況でも生き残る会社員の仕事術】仕事をブラックボックス化せよ!

生き残る

自分で言うのもなんだが、オレの本業での仕事ぶりは割とテキトーだ。
周りからも、そんなに一生懸命働いているようには見られていないだろう。

定時はしっかり守り、終わったらさっさと帰る。
定期的に有給も使う。
コロナでは「これ幸い」とばかり、子どもの保育園休園を盾に休みまくっていた。

なのに、表立っては何も言われない(裏では言われてると思うが)。
それどころか、役員にすらなっている。
オレ自身、その地位が脅かされる心配をほとんどしていない。

なぜ、テキトーに仕事をしているオレが出世して、余裕をかましているのか?
コロナ不況の今、だれかしらの参考になるかもしれないので、書いておこう。

オレが何の仕事をどうやっているか、みんなわからない

結論から言おう。

みんな、オレが何の仕事をやっているか、よくわからないからである。
言うなれば、オレの仕事はブラックボックス化されているのだ。

あんまり書くと身バレするのであれだが、例えばオレは、ほとんどほったらかしになっていたら会社のホームページの更新を再開した。
問い合わせが増えてきた段階で、業者に頼んでサイトの大規模な修正も行っている。

再開から今に至るまで、オレが業者を使いながら一人でやっているので、どこの業者を使っているのか、どうやって更新しているのか、オレ以外にはだれもわからない。

そういうブラックボックス化した仕事がいくつかあると、会社にとって欠かせない存在になる。
なにせ、オレがいないとできない仕事があるからだ。

なのでオレは余裕でいられると、まぁそういうわけ。

仕事を見える化するのは経営者側の論理、労働者は見えなくするのが賢い

ビジネス書などを読むと、「仕事は見える化しよう」なんて書かれている。

一人一人がやっている仕事をだれからもわかるようにして、その人がいなくても会社が回るようにしよう、と。
オレがやっていることの逆だ。

だが、見える化なんてものは、経営者に都合のいい話である。
従業員からしたら、自ら自分のクビを切られやすくするようなものである。

だって、そうでしょ?
仕事をだれでもできるようにしたら、あなたを雇う必要はないんだから、何かあったらクビにされかねないよ?

仕事を見える化なんてしなくていい。
仕事はブラックボックス化するのが正しい。

特に、コロナ不況の今はね。

仕事をブラックボックス化することを意識して働こう

では具体的に、どのように仕事をブラックボックス化するか?

正解は特にない。
だが、ブラックボックス化できる仕事は、そこら中にある。

営業なら、一つでも売上が大きい顧客を持ってしまえば、もうOK。
「彼(彼女)がいないと、あそことの取引ができない」と思われてしまえば、あなたは安泰だ。

事務職なら、会社にとって重要な仕事を一人でやってしまえばいい。
「彼(彼女)がいないと、あの仕事ができない」と思われてしまえば、あなたは安泰だ。

大したことない仕事であっても、複数持てばそれはそれで影響が大きい。
あなたが休むと「あれができない」「これがわからない」という風になってしまえば、こっちのものだ。

とにかく、仕事をブラックボックス化するという意識を持つことだ。
ブラックボックス化できる仕事は必ず見つかる。

そうなれば、不況になってもあなたは大丈夫だ。
まぁ、会社が倒産しなければね…。笑

コロナ不況でも生き延びよう!

お知らせ

恋愛に特化したブログ、始めました!
ぜひ見てみてください!

「やさしい恋愛相談所」という、その名の通りやさしい恋愛相談サイトの運営に力を入れてます!
恋愛でお悩みの方、また悩んでいる人の力になりたい方、ぜひ投稿してみてください。

その他、ゆうきちが開発・運営しているWEBサービス一覧は、下記よりどうぞ!

WEBサービス一覧